浮気調査で張り込みをするときの3つのポイント

浮気調査で張り込みをするときの3つのポイント

自分のパートナーが浮気をしているかもしれない……という場合、「事実を確かめたい」と自身での調査に乗り出る方は多いのではないでしょうか。自分でできる浮気調査といえば、パートナーのスマホやPCをチェックして、LINEやメール、通話履歴をチェックするという方法、SNSでのやりとりを確認するという方法などがありますが、万が一浮気につながるような証拠があったとしても、メールの文面や通話履歴だけでは不貞の確実な証拠にはなりません。
確実にパートナーが浮気していることを立証するためには、メールや通話履歴のほかに確固たる証拠が必要なのです。そして、その証拠をゲットするためには尾行調査や張り込み調査がとても有効となります。今回は、浮気調査で張り込みをするときのポイントについてご紹介していきます。

浮気の証拠ゲットに張り込み調査が有効な理由とは

たとえば、パートナーのスマートフォンの中に浮気相手と思われる人物とのメールのやりとりがあったとします。「今日は〇〇ホテルで〇時に落ち合おう」「昨日は楽しかった、もっと一緒にいたかった」このような文面のメールが残っていれば、確実に浮気をしていると思うのが当然でしょう。
しかし、浮気を立証する証拠としてはこれらのメールだけでは弱いのが現実です。「ホテルには仕事の打ち合わせで行っただけ」「冗談でメールをしていただけ」このように言い訳をされてしまうと、浮気を立証することが難しくなるのです。

浮気を明らかにし、万が一訴訟となった際にも有利に話を進めるためには、不貞をしたという事実を認めざるを得ないような確固たる証拠が必要となります。
浮気の証拠として認められるものは以下の通りです。

・肉体関係があったことを明確にしているメールやSNS、通話などのメッセージ履歴
・ラブホテルに出入りしている写真や動画
・性行為があったと推測できる写真や動画、音声
・ラブホテルの領収書やレシート
・ラブホテル利用時のクレジットカードの明細書
・探偵事務所や興信所の調査報告書

肉体関係があったことが明らかなメールやSNS、通話の録音があれば浮気の証拠として認められますが、これら1つだけだとどうしても不貞の証拠としては弱いのも事実です。確実に浮気を認めさせるためには、上記で挙げた証拠一覧の中から2つ以上揃っていると有利です。

しかし、ラブホテルに出入りしている写真や動画は浮気をしている当事者のスマホやPCから入手するのは難しいでしょう。となれば、第三者または自らで浮気現場を押さえなければなりません。浮気相手とパートナーがラブホテルに出入りするところを写真や動画で押さえるのであれば張り込み調査をする必要があります。

自分で浮気の張り込み調査をするときのポイント3つ

1. パートナーと浮気相手が会うであろう日を特定しておく

何の前情報もなしに張り込みをして、浮気の証拠を得られる可能性はとても低いです。時間や体力の無駄になり、日常生活に支障をきたしてしまうかもしれません。浮気調査で張り込みをする際には、あらかじめパートナーと浮気相手が密会するであろう日を特定しておく必要があります。
一般的に、浮気をする可能性が高い日には、前もってパートナーに嘘の予定を言っておくケースが多いです。「泊まりの出張だと言っていた」「残業で帰宅が何時になるかわからないと言っていた」「会社の飲み会があると言っていた」このような日を張り込みの実施日とするのが良いでしょう。
また、浮気をする日に規則性があるケースも少なくありません。「毎週水曜日の帰宅時間が遅い」「ここ最近土日のどちらか家を空けることが多くなった」など、浮気を疑い始めてから規則的な曜日で出かけるようになった場合にも、その日を張り込み実施日とするのが良いでしょう。

2. パートナーの車や持ち物にGPSを仕掛けておく

実際に張り込みをするとなると、事前にパートナーと浮気相手が現れるであろう場所を特定し、その場で長時間息をひそめていなければなりません。「何が何でも浮気の現場を押さえるぞ」という熱意があれば数時間に及ぶ張り込みも何のその、と思われがちですが、いざ実際に行ってみるとあまりの途方のなさや緊張感に心身が疲弊してしまう人は少なくありません。
心身の負担を避け、さらに効率よく張り込み調査をするためにも事前にGPSを仕掛けておくという方法がおすすめです。たとえばパートナーがよく車移動をする場合には、車用のGPSを仕掛けるのがおすすめです。リアルタイムでパートナーがどこにいるのかを確認することができるので、尾行したり張り込みをしたりする際にとても役に立ちます。
パートナーが車移動ではないという場合は、小型のGPSを用意してバッグなどに仕掛けておく方法もあります。

3. よく利用しているホテルなどを特定しておく

パートナーの財布やコートのポケットを確認すると、ラブホテルなどの領収書が出てくることもあります。その際にはどこのラブホテルを利用しているのかを記録しておくことで張り込み調査に役立つことがあります。
浮気カップルは人目を恐れているものなので、なるべく知人がいなそうな駅、会社や自宅から遠い駅のラブホテルを利用するというケースが多いもの。いつも決まったホテルに集合するという浮気カップルは少なくありません。そのため、利用頻度が高いラブホテルで張り込みをすることで浮気の証拠をゲットできる可能性が高くなります。

探偵事務所に張り込み調査を依頼するのもアリ!

いくつかの事前準備を行っておくことで、自分自身での張り込み調査も不可能ではなくなります。しかし、実際に張り込み調査をおこなってみると、一度で上手くいくことはまず珍しく、たくさんの時間と体力をかけて調査を重ねなければなりません。
さらにGPSのレンタル料もかかりますし、張り込みをするための移動代もかさむ一方です。
このようなコストを抑えるためにも、体力や精神を無駄にしないためにも、自分だけで張り込み調査をしようとするのではなく、調査のプロの探偵事務所に依頼をするという方法もおすすめです。
探偵事務所の調査員たちはみんな特別な調査の訓練をしており、調査対象者にバレることなく確実な浮気の証拠を手に入れることができます。

たとえば、自分で張り込み調査をして、運よくパートナーと浮気相手が目の前に現れたとします。すかさず写真を撮影したものの、あとで確認してみると手ブレで写真の人物が特定できない、夜の暗闇に紛れて顔がきちんと写っていないなど、失敗に終わってしまう可能性もあります。
しかし、プロの調査員であればそのような失敗はまずありません。身を隠しながら写真や動画を撮影するプロですし、夜撮用の特別なカメラも用意があるので暗闇の中でもしっかりと対象者の顔を写した写真を撮影することができます。
撮影した証拠写真は調査報告書とともに提出してもらえるので、その調査報告書も浮気の強い証拠となります。確実に浮気を明らかにするためには探偵事務所での調査がとてもおすすめなのです。



アーガス東京では、女性の悩みに特化した調査をおこなっております。パートナーの浮気にお悩みの方、不倫トラブルでお困りの方はぜひ一度ご相談ください。女性専用の探偵事務所ですのでお気軽にお問合せいただけます。気になる調査費用や調査内容のことも気兼ねなくご相談ください。