浮気の証拠になる7つのこととは? 確実な証拠を得るためにはどうすればいい?

浮気の証拠になる7つのこととは? 確実な証拠を得るためにはどうすればいい?

今も昔も男女間の中にはさまざまなトラブルが生じるものです。その代表的なものといえば「浮気」が挙がるでしょう。今まさに、配偶者や恋人、婚約者の浮気疑惑に悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
別れを切り出すためにも、別れないにしても二度と同じことを繰り返させないよう釘を刺すためにも、確実な証拠が必要です。浮気の証拠を掴むことは、浮気された側が前に進むための第一歩となるのです。
そこで今回は、浮気の証拠となるものについて解説するとともに、確固たる浮気の証拠を得るための方法についてもご紹介いたします。

パートナーの浮気の証拠になるものとは?

「彼(彼女)の帰りが急に遅くなり、休日も家を空けることが多くなった」
「いつも携帯を肌身離さず持ち歩くようになった」
このような異変はいつも一緒にいるパートナーであればすぐに気がつくものです。なにか怪しい行動があればすぐに浮気の可能性に気がつくという方もいるでしょう。
しかし、「なんとなく怪しいから」というだけで浮気を立証することはできません。早い段階でパートナーを責めて立てても言い逃れされてしまう可能性が高いですし、かえって警戒されてしまうことにもなります。こうなると浮気の証拠がよりつかみにくくなるため注意が必要です。

「浮気しているかも……」と思ったらすぐに相手を責めるのは時期尚早であり懸命ではありません。まずは浮気の証拠をしっかりと集めて、相手が言い逃れできないよう周囲をしっかりと固めておくことが必要なのです。

とはいえ、浮気の証拠は何でもいいわけではありません。第三者が見ても明らかに浮気していると思えるものがないと浮気を立証することはできないのです。
せっかく集めた証拠が実は効力のないものだとしたら労力が無駄になってしまいますし悲しいですよね。どんなものが証拠になり、どんなものは証拠にならないのかをしっかりと確認しておきましょう。

浮気の証拠になるもの

1. 浮気に関する写真

浮気に関する写真はもっともポピュラーな証拠といえます。性行為中に写真を撮るカップルも案外多いものなので、その際のデータを押さえることができれば確固たる証拠として使えます。
たとえ性行為が証明できなくても、2人で自宅やラブホテルに入ってく写真、旅行に行っている写真、キスをしている写真、抱き合っている写真などがあればこれも大きな証拠になります。ポイントは、性行為の事実を推認させるような写真を押えることです。

2. 浮気に関する動画

写真でなくとも動画も浮気の証拠になります。行為中の動画はもちろんのこと、自宅やラブホテルに出入りする動画や旅行先の旅館に入っていくところの動画などがあればOKです。しかし注意しなければならないのが、しっかりと顔が映っているようにすること。たとえ後ろ姿がばっちりと映っていたとしても、顔が映っていなければ言い逃れされてしまうこともあります。写真にも同じことが言えますが、自分のパートナーと浮気相手の顔がしっかりと映った動画を撮影することが大切です。

3. 浮気を認めた音声

パートナーやその相手が浮気を認めればそれも証拠の1つとなります。
口論の中でパートナーがつい浮気を認めるようなことを言ったり、浮気相手のほうから自分の存在をほのめかしてきたりするケースは案外あるものです。その際の会話を録音しておけば浮気の証拠として使えます。
また、自白の音声以外にも録音データが役に立つこともあります。パートナーの持ち物や車などに盗聴器や録音レコーダーを仕掛けることで、ふいに証拠を得られることもあります。

4. 浮気を連想させるメールのデータ

日常会話程度のやり取りでは、証拠として活用するのは難しくなりますが、交際や肉体関係を連想させるメールの内容が入手できれば証拠として活用できます。今の時代、LINEやInstagramなどのDMでやり取りをする浮気カップルも多いものです。もし浮気を連想できるやりとりが発見できれば、それも証拠として活用できます。
画面をスクリーンショットして自分のスマホに転送するのもいいのですが、相手のパソコンやスマホの画面を直接撮影しておいたほうが証拠として有利になりやすいのでおすすめです。

5. ラブホテルの領収書など

食事やショッピングで使ったであろうレシートでは浮気を立証するのが難しいものの、ラブホテルの領収書やレシートであれば浮気の証拠として活躍してくれます。クレジットカードの明細書で利用したことがわかればそれでもOKです。
その他、ポイントカードのなども証拠として役立つことがあるので保管しておくのがおすすめです。

6. カーナビの履歴

パートナーの移動手段が車である場合はカーナビの利用履歴もチェックしてみましょう。もしかすると浮気相手の自宅住所やいつも利用しているラブホテルへのルート検索履歴が残っているかもしれません。これらも浮気の証拠として大きな効力を持つものです。浮気をほのめかすメールやラインの内容と、カーナビの履歴が一致すればそれは浮気を確定できると言っても過言ではありません。あやしい履歴があった際にはしっかりと写真や動画に収めておきましょう。

7. 浮気相手のSNS

浮気相手が自己顕示欲を満たすために浮気のことをSNSに投稿しているというケースは少なくありません。本命のパートナーにマウンティングをするような形でSNSを利用する浮気相手も案外多いものなのです。
「これから会う」「今一緒にいる」「さっきまで一緒にいて楽しかった」など、密会していることを連想させる投稿がされていないかをチェックしてみましょう。もしかすると浮気の証拠となる写真や動画を投稿しているかもしれません。インターネット時代、SNS社会と言われている現代ならではの証拠品といえます。

浮気の証拠を得るための方法とは?

浮気の証拠となるものはいろいろありますが、自分一人で集めるとなると難しいものです。やみくもに調べ回った結果、配偶者や浮気相手に気付かれて証拠が取りにくくなる、またはせっかく集めた証拠を処分されてしまうという可能性もあります。
浮気の証拠集めは、プロである興信所に任せるのがおすすめです。興信所では尾行をメインに浮気の証拠を集めていきます。ラブホテルや自宅に出入りするところの写真撮影は難しいものですがプロの調査員であればしっかりと顔の写った証拠を押さえることが可能です。
ただし興信所の中には経験や実力不足のところもあります。本当に信用できる興信所かどうかを確認して依頼することが大切です。

パートナーの浮気疑惑が浮上すると、いてもたってもいられなくなってしまう方は多いでしょう。しかしそんなときにこそ冷静になって、今後の自分の身の振り方とともにどのような行動に出るのが一番良いのかを考えるのがおすすめです。
そこで証拠集めをしようと思い立ったときには、ぜひアーガスリサーチにご相談ください。アーガスリサーチは創業40年以上を誇る老舗の興信所です。これまで数々の業績を残してきており、多くのお客様からご愛好をいただいております。
無料相談やお見積りをおこなっておりますのでぜひご利用ください。

コメントを残す