興信所で人探しの依頼はできる? 調査の流れや料金をチェックしよう

プロの調査員に人を探してほしいと考えているときには、興信所に依頼するのがおすすめです。「行方をくらましてしまった人を探してほしい」「過去にお世話になった人の住所が知りたい」など、興信所には人探しの依頼が多く寄せられます。
この記事では興信所が引き受けてくれる人探しの依頼について、調査の流れや費用を詳しくご紹介いたします。

興信所に依頼できる人探しの相談とは?

興信所への人探しの相談依頼は、警察に出す捜索願とは異なるものです。
家族や親しい人の行方が分からない場合には、警察に捜索願を出すことができます。しかし、誘拐や監禁といった事件性が考えられる人物の失踪でもない限り、警察ではあまり積極的に人探しをしてくれません。特に、自力での生活が可能と考えられる大人の場合は、家出と判断され捜索されにくいのです。また、親しい相手でない場合には捜索願自体を受けつけてもらえないこともあります。
行方不明者の捜索をはじめとした人探しは、興信所に頼むのが最適なのです。興信所への依頼には費用がかかりますが、裏を返せば費用を支払うことで行方不明者が見つかる可能性が高まるのです。

興信所の人探しで必要になる情報とは?

たとえ興信所の調査員であっても、ゼロの状態から人探しをすることはできません。人探しの依頼をするときには、探してほしい相手に関する情報をできるだけ多く提供することが肝心です。
たとえば名前やフルネーム、以前住んでいた場所の住所や電話番号のほか、実家の場所が分かるのであれば調査員に伝えておきましょう。ほかに、車両のナンバーや所有資格、交友関係や趣味、写真、SNSなどに関する情報も分かれば伝えておきたいものです。
人を探すにあたってはすべての情報が有効になります。分かる範囲ですべての情報を提示することが、人探し調査を成功させるための秘訣といえます。
また、人探しの依頼をするときには、その相手を探したい理由についても偽りなく話しておきましょう。

興信所にはどのような人探しの相談が持ち込まれる?

ここからは、興信所に持ち込まれる人探し調査の相談事例についてご紹介していきます。

家族や親族、友人や交際相手の失踪に関する調査

親や兄弟、夫や妻、親族が突然いなくなってしまったというときには、興信所に調査を依頼するのがおすすめです。興信所では、家族や親族以外だけでなく、友人や交際相手があるとき突然いなくなってしまった場合の人探しも受けつけてもらえます。
通帳や衣類、常備薬や保険証など生活する上で必要なものがなくなっている場合には、失踪者は意図的に家を出たのかもしれません。私物がほとんど残されている場合にはなんらかのトラブルに巻き込まれた可能性があります。
状況に応じて人探しの方法は異なりますので、まずは興信所に相談してみましょう。

お金を貸して逃げた相手に関する調査

お金を貸したあとで、相手に逃げられてしまうケースは少なくありません。信頼してお金を貸したにもかかわらず、返してもらえないどころか行方をくらまされてしまうのは困りものです。また、投資先や売掛先の相手が失踪した場合にも興信所の利用が可能です。
金銭的なトラブルに遭ったときにも、興信所を上手に活用してみましょう。

かつての友人や恩人を探す調査

初恋の人や恩人を探し出して気持ちを伝えるというテレビ番組の企画がありますが、同じような調査は興信所にも依頼することが可能です。「相手を探し出して久しぶりに話をしたい」という依頼のほかに「気持ちの整理をつけたいので手紙を渡してほしい」といった依頼も少なくありません。
興信所には、数十年会っていない相手の調査が持ち込まれることもあります。しかし、10年以上の年月が経っていると相手を見つけられない可能性も考えられます。依頼をするときには、知っている情報をできる限り伝えるようにしたいものです。

SNSで知り合った相手の調査

近年では、SNSで交流している相手を探す依頼や、出会い系で知り合った人の素性を調べる依頼が興信所に多く持ち込まれます。
ネットで知り合った人は、性格や趣味は分かっていても本名や住所は分からないことがほとんどです。実際に会いたい相手がいるのであれば、興信所での調査が可能です。

嫌がらせやストーカーの容疑者の調査

嫌がらせを受けていたりストーカー被害に遭っていたりする方が興信所に調査依頼をすることもあります。
こういったケースでは、警察に相談しても問題が解決しないことが意外と多いものです。興信所で相手の住所や職業を特定すれば、然るべき対応が可能となります。

興信所に人探しを依頼するときの費用とは?

人探しに必要な費用は調査の難易度や調査をおこなう時間、期間によって異なります。費用が気になる場合にはあらかじめ見積りを出してもらい、きちんと事前に確認をしておくのがおすすめです。

人探しを興信所に依頼するときの注意点

成功報酬制の興信所は、ターゲットを見つけられなかった場合には着手金のみが請求され、成功報酬の支払いは必要ありません。ただし「所在を確認したので調査は成功」「調査は滞りなくおこなわれたので調査は成功」と主張して成功報酬を請求されるケースもあるので、十分注意しましょう。
トラブルを防ぐためにも、人探しの依頼をするときには調査方法や成功の条件について具体的に確認しておくことが大切です。

興信所では、さまざまなケースにおける人探しを請け負ってもらえます。個人で人探しをするのはなかなか難しいものですが、興信所に依頼すれば専用のデータを使ったり追跡調査をしたりとあらゆる方法を使って人探しをしてもらえます。
目的の人を無事に見つけるためには、高い調査スキルをもつ興信所に依頼することが肝心です。いくつかの興信所に見積もりや相談をし、雰囲気を確かめた上で最適な興信所にお願いしてみましょう。