取扱調査

一覧へ戻る

勤務先調査勤務先調査は調査対象者の勤務先を調べる調査です。勤務先を調べるメリットは、主に訴訟に関連するものです。
一つは勤務先がわかることにより、内容証明郵便や訴状の送付先にすることができることです。相手方を訴える際はこのような確実な住所が必要となります。もう一つは、損害賠償請求にて勝訴した際に、勤務先からの給料を「差押」の対象とすることができることです。他には、相手の信用性を計る意味で勤務先を調べるケースもあります。

勤務先調査

勤務先調査のポイント

勤務先調査とは主に「対象者の勤務先」を調べる調査です。
勤務先調査をご依頼いただいた場合、以下の情報を明らかにできます。

・対象者の勤務先、及び勤務先住所
・雇用形
・役職

勤務先調査で得られる情報は、内容証明便の送付、給与の差し押さえなどに活用できます。
また、勤務先調査の結果をもとに、対象者の信用性をはかることも可能です。

勤務先調査の方法は?

勤務先調査には大きく分けて2つの手法があります。

①データによる勤務先調査

対象者について知っている情報をもとに、データを調べる勤務先調査です。
料金があらかじめ決まっているため、予算を立てやすいことが利点です。また、事前の情報量によって価格が変わるという特徴もございます。

ただし派遣社員、アルバイトなどの非正規社員に関しては勤務先調査が難しい場合が多い点にご留意ください。

②尾行による勤務先調査

尾行による勤務先調査とは、対象者を尾行して勤務先を判明させる方法です。
尾行調査の場合、料金は時間制となります。そのため調査にどれくらいの時間、費用がかかるのか、あらかじめ把握しづらいのがデメリットです。

ただし、勤務先調査の手法の中でも確実性の高い結果を得やすく、対象者が派遣社員やアルバイトなどの非正規社員であっても調査ができます。

尾行による勤務先調査をご依頼いただく際には、以下の情報が必要になります。

・氏名
・住所
・顔写真、または生年月日

また上記以外にも、おおよその勤務時間などがお分かりになるようでしたらぜひご提供ください。
ご提供いただく情報が多くなるほど勤務先調査にかかる時間が短縮され、確実性も高くなります。

勤務先調査をご依頼される方の主な目的

勤務先調査では、以下のような目的でご依頼をされるケースが多く見られます。

・夫の浮気相手へ内容証明便を送りたい。
・別れた配偶者に養育費、慰謝料を請求するので、給与を差し押さえたい。
・友人との金銭トラブルを解決したいので、勤務先を知りたい。
・元従業員の現在の勤務先を知りたい。
・元従業員が機密情報を漏洩していないか知りたい。
・婚約者が「大手企業に勤めている」といっていたが、本当に勤めているのかを確かめたい。
・取引先が信頼に足る会社なのかを調べてほしい。

勤務先調査をご依頼される方の多くは「対象者の勤務先、勤務状況、役職を判明させたい」という動機をお持ちです。その真の目的は、請求や訴訟といった“次のステップ”に進むための情報収集です。

また相手の信用性を知り、詐欺や損失を防ぐために勤務先調査をご依頼されるケースも増えています。

勤務先調査を興信所へご依頼されるメリット

勤務先調査
勤務先調査を興信所へご依頼いただく、具体的なメリットとは何なのでしょうか。

【勤務先調査のメリット】
①勤務先へ内容証明郵便や訴状の送付ができるようになる
②強制執行、差し押さえなどが可能となる
③対象者の「信用性」を確認できる
④結婚詐欺などの阻止につながる
⑤会社の経営状況、信頼度を把握できる
⑥ご自身で調査されるよりも結果を得られる確実性が高い

内容証明便や訴状の送付、法的な措置ができるようになる

慰謝料や養育費の請求、損害賠償請求を行う場合、相手の居所または勤務先の住所が必要となります。請求や督促の手段として「内容証明郵便」を送ったり、裁判の場合は「訴状」を送付したりする必要があるからです。

仮に相手の居所がわからなくとも、勤務先調査で相手の勤務先住所を把握すれば、「内容証明便」「訴状」などの送付が可能となります。また勤務先調査を済ませておけば、仮に対象者が交渉や督促、出廷に応じない場合、給与の差し押さえや強制執行なども行えるようになるのです。

対象者(人、企業)の信用性を知り、被害や損失を防げる

さらに勤務先調査では、その人の「信用性」も判断できます。

よくある話ですが、「婚約者が大手企業に勤めていると話していながらお金を貸してほしいと要求された。怪しいと勤務先調査を依頼したところ、実際には会社に所属しておらす、無職だった」というケースがあります。

このケースでは勤務先調査で「相手の信用性」を調べたところ、事前に結婚詐欺を回避できているのです。

また勤務先調査では、会社そのものの信用性、経営状況についてお調べすることも可能です。

実際に興信所アーガスリサーチでは、個人のご依頼者様のみならず、企業からのご依頼も多く承っております。相手方の経営状況や過去の不祥事などを事前に把握しておけば、取引で生じるリスクを回避しやすくなります。

勤務先調査によるリスクヘッジをお考えの企業様は、ぜひ興信所アーガスリサーチへご相談いただければと存じます。

ご自身で調査するよりも確実な結果を得られる可能性が高い

勤務先調査を興信所へご依頼いただくメリットには、「高い確実性で結果が得られる」という点も挙げられます。

尾行は探偵業法で認められた調査員、探偵にのみ許される行為です。また勤務先調査の成功には、洞察力、慎重さ、相手に勘付かれず追跡をする……といった「尾行スキル」が欠かせません。

プロの調査員にご依頼いただくことで、技術と経験を駆使し、バレることなく勤務先調査を終えられます。

勤務先調査をご自身で行うのはハイリスクです

勤務先調査について考えたとき、「自分でも調べられるのでは?」と思われる方もいるかもしれません。
結論から申し上げますと、自ら勤務先調査を行うのはかなり困難です。

たとえばデータを使った勤務先調査の場合、対象者の知人に聞き込みをしたり、SNSアカウントを探したりといった方法が考えられるでしょう。

しかしこうした限定的なデータ調査では、思ったような結果が得られるケースはまれです。
(対象者との関係性が薄ければ、勤務先調査をしても情報へたどり着ける確率は当然低くなります。)

かといって、ご自身で尾行による勤務先調査をしようとしても、失敗する確率は高いでしょう。
対象者との関係性が深いと、顔を知られているので尾行に気付かれやすいからです。

対象者に勤務先調査をしていることがバレてしまった場合、つきまといなどの犯罪行為として訴えられてしまう可能性もあります。

ご自身の立場が不利にならぬよう、勤務先調査はプロの調査員へご依頼いただくことを強くおすすめいたします。

勤務先調査の費用がご心配な方へ

勤務先調査をご依頼いただく方の中には「高額になるのでは」とご不安に思われる方もいらっしゃるでしょう。

特に尾行調査の場合は、時間制ということもあり、費用面でのご不安を持ってご相談に来られる方も多くいらっしゃいます。

しかしながら興信所アーガスリサーチでは、お見積もりの際に最適な調査方法、かつコストを抑えられる勤務先調査プランをご提案しております。

また万が一ご依頼後に勤務先調査が長引きそうな場合は、事前に「延長の有無」「追加費用」をご連絡したうえで、ご依頼者様に判断していただいております。
決して勝手に勤務先調査を延長したり、費用を上乗せして請求したりすることはございませんのでご安心ください。

興信所アーガスリサーチでは、無料メール相談、フリーダイヤルの電話相談もご利用可能です。
「手持ちの情報で勤務先調査ができるのか」「費用や期間はどれぐらいかかるのか」など、疑問やご不明点などがあればぜひお気軽にご相談ください。

対象者の必要情報
・氏名
・住所
・生年月日もしくは顔写真

調査の流れ

調査の流れ

詳細はこちらから

ご依頼者様の声



 

 

 





勤務先調査料金の目安

事前にご準備ください

勤務先調査対象者の写真や参考資料などをご持参ください。
(写真複数、身長、体格、勤務先住所、交通手段、車種とナンバー など)
情報が多いほど勤務先調査はやりやすくなります。
些細なことでも相談員にお聞かせください。