マッチングアプリで詐欺トラブル急増中? その内容とは

マッチングアプリで詐欺トラブル急増中? その内容とは

数年前から比べると、認知率も普及率も大幅に高まったマッチングアプリ。新型コロナウイルスの影響により、以前と比べて人との出会いの機会が減ったことからマッチングアプリに登録をしたという人も多いそうです。
そして今やマッチングアプリは20~30代の若い世代だけのものではありません。40~50代で登録する大人も増えているというのです。まさに幅広い世代から支持を得ているといえますが、その一方でこれまでにはなかったトラブル被害が増えているのも事実です。
なんと、マッチングアプリを通して詐欺をはたらく人が増えており、被害者の数も増加しています。一体どのような詐欺が横行しているのか、詳しく知っていきましょう。

マッチングアプリでの詐欺被害とは?

ひと昔前、マッチングアプリというものがなかった時代に主流となっていたのが出会い系サイトと呼ばれるものでした。しかしこのサイトに登録するにはどこか後ろめたさがあり、周りの人にはオープンにできないという人が多かったように思います。
しかし今爆発的に流行っているマッチングアプリは、誰もがオープンに利用しています。友人からの紹介、職場での出会い、合コンでの出会い、そしてマッチングアプリでの出会い。これらすべてが横一線となっているのです。中には複数個のアプリを使い分けている人も多く、今やゲームアプリと同じような感覚で利用できるのがマッチングアプリなのです。

そうして気軽に利用できることが、アプリを通して見ず知らずの人と2人きりで会うことのハードルを低くしているとも言えます。もちろんすべての出会いが悪いものではなく、真剣に交際相手や結婚相手を探すために登録している人も多くいます。むしろ大半の利用者が悪だくみのために利用しているわけではないでしょう。
しかし残念ながら、ある一定数は悪事をはたらくためにマッチングアプリを利用しているのが事実です。マッチングアプリを使った詐欺の一例が以下のものです。

・結婚詐欺
・投資詐欺
・業者勧誘
・副業詐欺
・マルチ商法
・デート商法

結婚詐欺

結婚をほのめかしながら入籍を先延ばしにし、何かと嘘をついて相手から金銭等を騙し取る詐欺です。相手の限界まで搾り取り、奪える金銭がなくなったら姿をくらますというケースが多いです。ひと昔前までは女性の詐欺師が男性を騙すというケースが多かったのに対し、最近では男性の詐欺師が独身女性を騙すというケースも増えています。

投資詐欺

「元手10万円あれば確実に10倍になるうまい投資の話がある」「仮装通貨の投資で確実に多額の利益が出る」など、あたかも本当のような偽の儲け話をマッチングアプリを通して持ちかけ、金銭を騙し取る詐欺です。これだけ投資詐欺の警告がされていても被害件数は年々増加傾向にあるため注意が必要です。

業者勧誘

今のマッチングアプリ界で、いわゆるサクラと呼ばれているのが業者です。なんらかの勧誘や営業を目的としてアプリを使い、ユーザーを騙そうとします。有料サイトに案内してワンクリック詐欺に誘導する、LINEのIDや電話番号を聞き出して違法業者に売買する、風俗店への勧誘、宗教の勧誘など、業者と呼ばれるものたちの目的はさまざまです。

副業詐欺

近年では副業を許可する企業が増えていますが、これに伴い副業詐欺というものも増加しています。副業を開始するのに元手金が必要だと嘘をつき数十万円を支払わせる、副業が上手くいくという嘘の情報を流し、商材を購入させるといった手口です。

マルチ商法

マッチングアプリを通して悪徳なマルチ商法を持ち掛けるという人もいます。アプリを通して出会い、ある程度親密な関係を築いたところで、今やっているビジネスをもっと大きくしたい、手伝って欲しいなどと言ってマルチ商法だと気づかせずに商品などを購入させるという手口です。

デート商法

食事や映画に行くなど、デートや交際をしているふりをして、物を買わせたり商品の契約をさせたりする詐欺をデート商法といいます。恋人商法と呼ばれることもあり、異性間の恋愛感情を利用して金銭を奪い取る悪質な商法です。ひと昔前のデート商法では宝石や絵画などを売りつけるケースが多かったのに対し、近年では高額な投資物件などを購入させるなどの手口が横行しています。

マッチングアプリの中に潜む詐欺トラブルはさまざまですが、中でも多いのが結婚詐欺やデート商法です。そもそもマッチングアプリは男女間の出会いを目的にしている人が登録しているもののため、どうしても恋愛感情絡みの詐欺トラブルが多くなるのです。結婚をするための先行投資として金銭を支払ってしまい、あとあと詐欺だと気がつくケースが多いのです。

また、現代ならではの詐欺トラブルとして、やはり投資詐欺や副業詐欺も多くなっています。株式投資や証券取引などをはじめとして、手軽にはじめられる仮装通貨などを用いた詐欺も増えています。
とくにここ最近では新形コロナウイルスの世界的流行で株式市場の値動きが激しくなっており、投資詐欺がしやすい状況にあります。詐欺師は言葉巧みに甘い誘惑を持ち掛けてきますが、非現実的な投資収益やノーリスクハイリターンな投資話は疑ってかかることが大切です。

マッチングアプリで詐欺に遭わないためには?

最近では数えきれないほどのマッチングアプリが存在しています。たくさんの人が利用している有名アプリなら詐欺被害はないだろうと安心しがちですが、詐欺師はどこにでも潜んでいると思っておきましょう。
そして、マッチングアプリを利用しながらも詐欺に遭わないようにするためには、いくつかの注意ポイントを抑えておくことが大切です。以下のポイントを確認しておきましょう。

・プロフィールに怪しい点がないかをチェックする
・セミナーやパーティー等には行かないようにする
・外部サイトで連絡を取らないようにする
・電話番号や住所などの個人情報をすぐに教えないようにする
・金銭を渡さない
・商品を購入しない

マッチングアプリに潜む詐欺師の多くは、やたらとプロフィールが魅力的という共通点があります。モデルのような外見のプロフィール写真や高収入、高学歴などがプロフィールとして登録されている。しかし登録されている写真は1枚だけ。
このような登録者は一般ユーザーではないケースがほとんどです。やりとりをしていて少しでも不審な点があった場合にはブロックをして連絡を取ることをすぐに控えることをおすすめします。

スマホ1つあればどこでも誰でも知らない人と繋がることができ、実際に会うことも可能な時代になりました。とても便利ではありますが、その一方で詐欺被害に遭って後悔している人が増えていることも忘れてはいけません。

もし万が一詐欺かもしれないと思った場合、そして詐欺に遭ってしまったかもしれないという場合は早めの対処が必要です。当興信所では詐欺トラブルの調査もおこなっております。近年増えているマッチングアプリを通した詐欺トラブルの調査も承っておりますのでまずはお気軽にご相談ください。