夫に対する浮気調査でGPSは有効? 種類や選び方について

夫に対する浮気調査でGPSは有効? 種類や選び方について

「夫の休日出勤や残業、出張が明らかに増えた」「家でもスマホを肌身離さず持っている」このように、夫の行動が今までと変わると浮気や不倫を疑ってしまいますよね。
もし本当に浮気をしているのなら、証拠を集めて夫とその相手に突きつけたいと思う方は多いでしょう。そんなときに自分でできる行動といえば、夫の持ち物や車にGPSを取り付けるというものです。バレるリスクはありますが、うまくいけば夫の行動パターンから浮気現場をおさえたり、相手の家をつきとめたりする手がかりになります。でも、普段から使用するものではないため、どのようなGPSがいいのか、どのように仕掛ければいいのかがわからないという方は多いはず。そこで今回は、自分でおこなう浮気調査で使うGPSの選び方、そのメリットデメリットなどをご紹介していきます。

GPSにはどんな種類がある?

ひと口にGPSと言っても、いろいろな種類があります。最近ではネットでも気軽に購入やレンタルをすることができますが、GPSを扱う初心者であればどんなものを選べばよいのか悩んでしまいますよね。
そこでまずはGPSの大まかな種類やその機能などについて確認しておきましょう。GPSの種類は大きく2つに分けることができます。

今いる場所を表示してくれる「リアルタイムタイプ」

リアルタイムタイプはその名の通り、リアルタイムで今いる場所の位置情報を確認することができます。どのような道を使ってどのくらいのペースで移動をしているのか、どこに向かっているのかが即時にわかるので、浮気調査で使用する場合は、「今まさに浮気相手の家に向かっている」「ラブホテルで車が停車した」などをその場で知ることができます。
GPSを使って尾行したい、浮気現場をおさえるために張り込みをしたいという場合に大いに活躍してくれるでしょう。
しかし、リアルタイムタイプは通信代がかかったり、本体の代金が高額だったりするケースが多いです。金銭的な負担が大きくなることは事前に知っておく必要があります。

移動履歴を記録する「ロガータイプ」

ロガータイプのGPSは、GPSを取り付けた車や鞄の移動記録を取っておくというタイプになります。位置情報をリアルタイムで知ることができるわけではないので、どのような場所に行ったのか、どのような経路を使ったのかなどを知るためには、仕掛けたGPSを取り外してデータを取り込み、PCやスマートフォンに接続をして確認しなければなりません。リアルタイムタイプよりも操作に手間がかかり、その場で移動などの情報を得ることができないため、尾行や張り込みのために使用するには向いていないでしょう。
しかし、リアルタイムタイプよりも安価で入手できるのは大きなメリットです。ロガータイプとひと口に言っても性能などによって金額の差はありますが、安いものであれば数千円から、高いものでも数万円で購入でき、その後の通信費用が必要ないのは嬉しいポイントです。

浮気調査でGPSを使うならどんな種類がいいの?

リアルタイムタイプとロガータイプ、どちらも一長一短ですが、自分の力だけで浮気調査をしたいというのであれば、対象者の位置情報が即時にわかるリアルタイムタイプを選ぶのがおすすめです。
ロガータイプの場合は移動履歴や位置情報をリアルタイムで知ることができないため浮気の具体的な証拠が掴みづらく、頻繁に仕掛けたり取り外したりをしなければならないので、調査対象者にバレるリスクも高くなります。
目的に合わせて使い分けるという方法もありますが、リアルタイムタイプを仕掛けることができればロガータイプの役割も担ってくれることが多いです。

GPSで得た情報は浮気の証拠になる?

GPSを使用して、調査対象者の足取りをチェックすると、浮気相手の家に行っていた、ラブホテルに宿泊していたということがわかります。これによって浮気が証明できると思いがちですが、実はGPSの情報だけでは浮気の決定的な証拠にはなりません。
浮気の有利な証拠として認められるのは主に以下のものです。

・肉体関係があったことがわかる内容のSNSやメールのメッセージ
・2人揃ってラブホテルに出入りしている写真や動画
・性行為中の写真や動画
・浮気をした本人がそれを認める発言をしたときの音声
・ラブホテルの領収書
・探偵や興信所の調査報告書

つまり、具体的に肉体関係があったかどうかがわかるものでないと、浮気の証拠としては弱いのです。GPSの情報だけでは、会っていた相手が誰だったのかもわからず、具体的にどのようなことをしていたのかもわかりません。
「車を一時停止したところがたまたまラブホテルの前だった」「浮気相手と会ってはいたが肉体関係は持っておらず話をしていただけ」などと言い逃れされてしまう可能性があります。
相手に言い逃れをさせることなく、浮気を確実に証明するためには、GPSを足掛かりにして写真や動画などの撮影をおこなうことが必要になるのです。GPSで得た情報がゴールではなく、途中経過であることを意識しておきましょう。

GPSの情報を使ってどのように浮気調査をすればいいの?

GPSで得た情報だけでは浮気を立証する証拠にはなりません。そのため、GPSの情報を活かしてさらに浮気調査を続ける必要があります。
具体的にどのような調査が有効であるのかを確認していきましょう。

尾行調査

素人ではなかなか難しい尾行調査もGPSがあれば実行しやすくなります。万が一見失ってしまったり、距離ができてしまっても、相手の行方はしっかりとチェックできるので一安心。無事に尾行ができれば、ラブホテルに出入りするところや浮気相手の家に入るところの写真や動画を撮影できるかもしれません。

張り込み調査

GPSで得た情報からよく行くホテルや浮気相手の家を推測し、先に張り込んで待っているという手もあります。空振りに終わってしまうというリスクもありますが、尾行よりもバレにくいのがメリットです。カメラをセットしていつでも撮影できるように準備する時間も得られるので、もし予測が的中して2人がその場に現れたら落ち着いて写真や動画を撮影することができるでしょう。

探偵事務所に調査を依頼するのも一つの方法<

いくらGPSで情報を得られたとしても、やはり素人が尾行や張り込みをするのは心身ともに大変なものです。バレないように気を配りながら尾行や張り込みをするのはとても負担の大きいものですし、何より自分のパートナーの浮気の瞬間を生で目撃するのは心に大きなダメージを負うものです。
万が一尾行や張り込みがバレてしまった場合、相手側はとても警戒をするので、浮気の証拠を掴むのが今まで以上に困難になってしまうというケースもあります。
このような負担を避けるためにも、浮気の具体的な調査は探偵事務所に依頼するという方法もおすすめです。探偵事務所での調査は金額が高いというイメージを抱く方もいるかもしれませんが、すでにGPSで調査対象人物の行動パターンがわかっている、よく利用するホテルが絞り込まれている、浮気相手の自宅が判明しているという場合、調査にかかる日数や時間が少なくていいので、調査料金も抑えることができます。
探偵事務所アーガスは女性のお悩みに特化した探偵事務所で、浮気や不倫調査には自信があります。創業40周年を誇り、数々の実績と技術を持つ探偵事務所アーガスにぜひ一度ご相談ください。